-with Papillon-

フェンディとの生活に パディ、アクア、ヴィアンが加わり。。。 多頭飼いの難しさ 楽しさを覚書♪

厄年に要注意!!

わんこの厄年は
         7歳、10歳、13歳、16歳


31812.jpg

厄年とは。。。
     統計的に
     災厄に遭いやすい年齢のこと。。。

そう
2017年
我が家のシニア組は
  フェンディ (4月8日)  14歳に、
  パディ   (5月29日)  13歳に、
  アクア   (7月31日)  10歳に、
       

パピー時代は
昨日まで出来なかったことが 今日 出来るようになったって
感激することばかりだけど
シニア時になると
昨日まで出来ていたことが 急に出来なくなったり・・・

まして
『厄年』となれば。。。
          \\要注意//~~~


じつは
パディが 去年(12月半ば)から体調不良になっていまして、

新年早々
5日間の点滴処置で
昨日(9日) ようやく快復の兆しが。。。(一安心!!)
まだ 通院中ですので
今回は
先に フェンディの病気においての
             覚書(総まとめ)です♪

   ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


2003年
某ペットショップで見つけ
フェンパパが一目惚れして 迎えたフェンディ
            生後2ヶ月半でした。

我が家にきて すぐに発覚した病気が
     『ケンネルコフ』
治療中に
     『巨大食道症』の疑とまで・・・
食も細くて、
この子は 長生きできないかも・・・って覚悟したものです。

31813-1.jpg

But
パディを迎えたら 食欲が増して
アクアを迎えた頃には
    医者いらずの男に~
  そう フェンディは 
  多頭飼いによって元気になり 救われたかんじですね!!

But, But

歯周病の悪化で
2009年9月 6歳の若さで 〇〇本(約8割)を抜歯することに。。。
                    (退院直後のフェンディ)
31814.jpg

2010年   舌チラに・・・

31815.jpg

2011年     舌チョロりんこ・・・

31815-2.jpg

2012年     舌チョロMAXとなり~

31816.jpg

2013年・・・2014年・・・

31817.jpg
31817-2.jpg

結局 舌ダラリンコになってしまいましたよ~

31818.jpg

それでも、
健康であればいいかなって。。。

But But But

2015年 
   んン!? 右目・・・な~んとなく白内障の兆候が・・・
   Wの悲劇のはじまりです。

31819.jpg
でも
この時、フェンディも12歳
       『老齢性白内障』だからって 気楽に受け止めていたバカな飼い主!

その後
2015年10月
フェンディの変化を見過ごしてしまったら、、、
病状って 
     一晩で悪化してしまうんですね~

31820.jpg
31821.jpg

前夜まで うっすら濁っていただけのレンズが 
翌朝には 真っ白になってしまいましたが

31822.jpg

この時
眼圧を下げる処置が早かったから?か
    すぐに うっすら濁りの水晶体状態に戻りましたよぉ~

2016年 4月
   <13歳の誕生日>

31823.jpg

2016年 5月
31824.jpg

ところが!
       ですよッ!!

2016年 9月
    フェンディの右目・・
    確実に痛みがあった様子なのに・・・
 
31825.jpg

この頃私は
ヴィアンのフラボの練習、
振袖のことや ハンドメイドに夢中になっていて
フェンディからのサインを気づかず・・・


パディの薬を頂くために 月2回 定期通院している我が家なので
ついでに 他のわんずも 月1は検診していたんですが
この時
診察日直後だったので 
フェンディの目は 2週間放置してしまったことに・・・

そして
   その結果ッ !!!!!!!!

2016年 10月には
   フェンディの右目!失明してしまいました~

       2016年 フェンディ 13歳   
          まさに
             本厄の年 ですよね!!

31826.jpg

31827.jpg

もぉ~ここまできたら 治りませんよね~
今、できることは
      一日2回の『ステロップ』点眼と
      一日3回の『チモプトール』点眼と
      眼圧が上がらないように ストレスをかけない生活環境に。。。

今後 痛みがあった場合
レーザー治療となりますが
最悪の場合
       眼球摘出ということにも・・・だそうです。


2017年 1月3日

        Unbe lievable ~~~    

31828.jpg

     水晶体の濁りが 小さくなってる?!?!?

31829.jpg

31830.jpg

喜び勇んで 病院に♪
でも
「この日 たまたま 瞳孔が閉じていれただけで 治ったわけじゃないです」と・・・

その通りでしたね!
翌日には・・・
 
31831.jpg

でも、
治ることはなくても
悪くもなっていない!ということですよね~

2017年は
パディもアクアも厄年

せっかく形になってきたフライボールですが
ヴィアンだけに時間をかけるわけがいかないので
    止める・・・いや・・・暫くお休みしようかとおもいます。


長々とした記事になってしまいましたが
それでも
最後まで読んでくださった方に 感謝します♡

      本当に ありがとうございました。 


スポンサーサイト

 病気:治療:ケア