-with Papillon-

フェンディとの生活に パディ、アクア、ヴィアンが加わり。。。 多頭飼いの難しさ 楽しさを覚書♪

パディの底力

またまた パディのことなんだけど・・・

前記事(2日)の通院記事には書かなかったことなんですが
この日 診察していただいた院長に
「この子の気丈さは 凄いね。」と・・・褒められた??ような・・・

パディの歩行困難とは・・・

我が家にきた1歳半の時に
すでにパテラと診断されていたんですが
「この子は 外れると自分ではめて歩けるんですね~」と!
それで手術をしないまま 10歳を迎えたわけなんですが

29471.jpg


今回 
『低たんぱく血症』『脳障害(痙攣)』の病気が発覚してから
持病のパテラも悪化してしまったわけなんです。

29472.jpg


自宅では
筋肉が硬くならないように 太股のマッサージ
通院時には 
膝を伸ばしたりはめ込んだりしてのストレッチ
なので
数分の歩行ができ 排泄も自分でできていたんですね。

それが
2日の診察日には 
「膝のお皿に引っかからずはめ込むことができなくなったので
これからは 排泄も困難になるでしょう」と診断されたんです。
たしかに
診察室で歩かせようとおもっても
後ろ足が開いてしまって ワニ歩行のような・・・
でも
私が 「外でのパディを診てください」と お願いして
駐車場に連れて行き
「パディ、お家に帰ろうか~」と言って
車の方に歩いていくと
パディは 
これまでの歩き(ロボット歩行)で 私についてきたんですね~

家に帰りたい!帰らなくっちゃ!って 
必至に私のもとへ・・・
パディの底力を

「完全に外れた状態なのに・・・
この子の気丈さは凄いね~」と、、、院長も ビックリ~!!

     [そうなんです!
     この子は ど根性パディ姐なんですよぉ~


29473.jpg
     かつて この眼力でブイブイいわせていたんですもんねぇ~

膝が外れていても 
自分がこの位置に足を置けば歩けると・・・
     根性で歩いてくれる
そう
完全に外れた状態になっても
    数分は歩ける!
    自分でまだ排泄できる!

  \あっぱれ/ 
        もんでしょう~♪


スポンサーサイト

 病気:治療:ケア